写真の題名のつけかた

写真に題名って何故つけるのでしょう。

写真は目に見える形をあらわすものです。
一方、題名は、目に見えない心象面をあらわします。

つまり、写真にこめた心象面を、題名で説明して分かりやすくします。
また逆に、抽象的で伝わりにくい題名(メッセージ)を、写真で具象化して伝えます。
そのために、写真に題名をつけるのです。

さらに、写真を無題にするのも、作者の意図(観者の発想を妨げない..etc)があるかもしれません。

この写真は、偶然の一瞬を撮ったものですが、さてどんな題名がいいでしょう?

例えば・・・
『自由へのはばたき』
『ある束縛の時』
『第一関門』

私なりの題名は、今週日曜の朝8時の日記で発表しようと思います。m(_ _)m

題名って大切って思った方はクリックを
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

はじめ国際特許事務所へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください