花、蜂と遊ぶ



たぶん、マルハナバチ。近所で撮りました。

このマルハナバチや、クマンバチは、ずんぐりした体に小さな翅(はね)です。この体で飛ぶことは、昔の航空力学では説明できなかったそうです。

つまり、理屈では飛べないはずなのに飛んでいるという謎の存在だったわけです。
そこで、『ハチは自分が飛べないことを知らないから飛べる』とまで言われていたそうです。
まるでど根性で飛んでいる感じがしません?
いとおしい感じがしません?

でもね、現在の航空力学ではちゃんと説明できちゃうらしいです。
http://www.s-graphics.co.jp/tankentai/news/roboticfly.htm

それでもど根性だと感じた方はクリックを
にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ

はじめ国際特許事務所へ戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください